80年代テクノカットでオールバック? 

最近アパートに居ると天気に関係無く、モーレツな睡魔との闘いで、食欲もめっきり落ちちゃって。

気力は落ちて無いのに身体がちっともいう事聞いてくれないから、外に出られる時には極力出る様にしようと思って、通院日以外にも診察がある訳でも無いのに病院に行ってみたりなんかして。


今日も早くから目が覚めてしまったから、思い付きで髪を切りに行って、飯田さんに「もうすぐ梅雨だし暑くなってくるから、ちょっと前髪鬱陶しいし遊んじゃって下さい」と言うと、やっぱり初っ端からバリカン攻撃くらって「最近は80年代がまたブームになってるから、ちょっとテクノカットで」と、左側の髪がゴッソリ刈り落とされて、前髪があった内側に迄バリカン入って、分け目の所なんかちょっとソリ入れられた感じ?


fc2blog_201405242101241ca.jpg



「なんか私って坊主頭も似合うかも?」って言ったら、飯田さん苦笑してた。

右側は重たくてうねると言うと、ペラッペラになが~く伸びた髪をザックリ切って、後は考え込みながら鋏を入れて、その間に四方山話。

「そういえば夜魚さん、また痩せましたか?」

「最近食欲が無くて、あんまり食べて無いのに吐き気がしちゃって、急に体重が落ちちゃったんですよ」

「それって病院で貰ってる流動食でもダメなんですか?」

「あぁアレを飲んだ後が1番吐き気が酷いですねー。2月には胃カメラも飲んだし、薬も全然変わって無いのに、原因がさっぱりわかんないですよぉ。」

「副作用で食欲が無くなる事とかあるんですか?」

「ありますよ。私がメインで飲んでる薬の副作用が『食欲不振 体重減少 痺れ』ってなってて、ゴハン全然食べられなかったし、顔迄痺れが出ちゃったし、でも、ずーっと飲んでる薬だから、今更そのせいだとは考えられないし。」


なーんて話をしてるうちに飯田さんが仕上げに入って、左側は思いっきりタイトに撫で付けられて、前髪は下ろさずに額を出してくれとの事。
で、逆に右側は対象的に爆発させてもOKとの事。

(て!右側の写真無いじゃんか!)


fc2blog_201405242147487fd.jpg



fc2blog_20140524214919970.jpg



うーん、実に私好みで手入れが楽になった。
だって、顔造るより遥かに頭弄ってる時間の方が長かったんだもんっ!




合わせ鏡で眺めていたら、左側には砂利っパゲ。

後頭部には手術の跡が見えていた。
だから飯田さん短くするのを躊躇ってたのか。

でも、砂利っパゲを見つけた私が一言「ハゲがあるぅ」と言うと、「ありますねぇ」と、クールに返して来る辺りも飯田さんらしいw



いやはやしかし

やっぱり同じ髪型にはならないし、つまらん事はしてくれないからからやめられない。




因みに本日のお洋服

むかーし昔100円で買ったロンTで、袖が細すぎて入らなくて何年か前に鋏で袖をちょん切った。で、今はガバガバ・・

と、最近近所のリサイクルショップで280円という値段に釣られて試着もせずに買った膝丈のオーバーオール。
後でサイズを見たら、昔の規格のMサイズだった~。(今だとSサイズ位)

赤のシャツはもう何年も着てるから、値段すら覚えてないや。



あー

うー

久々に長文書いたらアタマとっ散らかったぁ





どうせ入院するのなら 

普段なら診察が終わって調剤薬局に行って、病院バスの時間迄顔見知りの入院患者さんと話して、エンシュア一週間分も持ったままウロつく気力なんて残って無い。

なのに調剤薬局から帰って来た時に『どうせ入院するなら髪を切りに行こう』と思い立って飯田さんの所へ電話する。だけど何度かけても出ないから、オンライン予約で確認したら、丁度16時が空いていた。

バス乗り場の近くにひっそりと出来た喫煙所で「こーゆー思い付きで動くのも躁の性なのかなぁ?w」と、入院患者のおじちゃんと話していたら、「それはそうと予約時間は何時なの?」と聞かれた時に次のバスじゃ間に合わないと判明し、小走りで病院を後にした。

路線バスの乗り場迄は普通に歩いても結構な距離がある。
しかも思いっきり炎天下。
運良くバス停に着いた時にバスが来て、バスに乗った頃にはふらふら。

それでもちゃんと予約時間には間に合ったからよしとしよう。


さて、久々の飯田さん、私の頭を見て一言「随分伸びましたねぇ」と言うから、「だって前回来たの3月ですよー?しかも5月には意識障害起こしてロフトからおっこちて、生爪剥がしてあっちこっち打って救急車騒ぎだったし。全治3ヶ月って言われて松葉杖ついてたし。しかもまだ一番酷い所の腫れは引かないし・・食欲不振で体重ガタ落ちになっちゃって、最近やっと戻ったんですよー。」

「で、ちょっと躁状態が酷くなっちゃって、短期間なんだけど入院する事にんったんで、今回は入院仕様にしてくださいっw 」
そういうが早いか飯田さんはハサミを入れながら「寝てばかりになっちゃう人にあんまり派手な頭にしてもしょうがないですしねぇ」と言うから「いや、寝てばかりどころかうろうろしてると思いますwだけど入院しちゃうと使える整髪料が限定されちゃうし、毎日お風呂に入れる訳じゃないんだけど、でも、フツーは嫌ですw 」

ぷんすかと生活保護費が下がった事や、最近の私の問題行動ややたらと白髪が増えてしまった事を喋り倒していたら(多弁)飯田さんも「僕も最近は予約が入ってもテトリス状態で夜魚さんから電話がかかって来た時もキャンセルが出たからゴミ袋買いに行ってたんですよ。」

・・テトリス?

よくよく聞いてみれば、予約は入るんだけど、『雨が降ってきたからキャンセル』とか『暑いからキャンセル』ってそんなのばっかりで、「先月なんかこの店始めてから過去最悪でしたよ」ってな話で、要は最近の異常気象が営業に迄響いて飯田さんもすっかり参ってしまっている、と。

そんなこんな言ってるうちに仕上がりましたよ『入院仕様ヘア』
あ、顔はド・スッピンだから眉毛無いよ(怖





やっぱりアシンメなのです。
前髪も右下がりにマッシュルームぽくアシンメにされましたー。
(写真は何枚も撮った中から飯田さんがチョイスしたモノ)

んでもって何枚も写真を撮っていたら飯田さんが一言
「夜魚さんが写真撮ってる間、ずっと店の外から覗き込んでる男の人が居ましたよ」

気持ち悪いからやめてくれっっ!



そして大暴走はまだ続く・・


刺さります 





さて

病院を後にしてしばし時間を潰してから

やっと飯田さんの元へと行けたのは前回からもう4ヶ月ぶりだった。


不義理を謝ると逆に飯田さんは私の体調を気遣ってくれて

そういや年明けからインフルエンザにかかったり

身体の痛みが酷くてしょうがなかった事や

食事もろくに食べられ無くてギスギスに痩せてしまった事や

今は花粉症で参っちゃってる事


なんて話しをしながらも


飯田さんは私の髪にバシバシハサミを入れていって

「何かしたい。何か別の事がしたい。」と言いながら

私の周りをウロウロしてる。


ずっと左側が極端に短いアシンメボブのバリエーションだったから

「よくぞ伸ばしてくれました。」と言いながら

右側の長い髪を持って何度も持ち上げて捲ってみるから

「右側切っちゃったらハゲ見えちゃうじゃないですかぁー」と言ったら

「上に被るから大丈夫ですよ。」と言うけど

「風が吹いたら見えちゃうじゃないですかぁー」とまた言ったら

「でも何か毛が生えて来てるみたいですよ?」って言うから

「これは床擦れだから、皮膚科の先生に

『毛根自体が死んでるからもう髪は生えて来ないよ』って言われて

どうしてもって云うなら皮膚切って引っ張って縫うしか無いんだって」

って言ったら

飯田さんは「それだったらもっと歳とったらやるといいですよw

片っぽだけ引っ張られてリフトアップするんじゃないんですか?」と

何時ものキャラですっとぼけた事を言ってくれた。


結局右側の長い髪を切るのは断念したけれど

飯田さんの創作意欲は尽きる事なく

やっぱりバリカンが出てくるし

スタイリングの時になったら右側の長い髪が

まるで刃物みたいに思いっきり前に突き出していて

突き刺さりそうな勢いで飛び出している。

「これアンテナみたいじゃないですかー」って言ったら

「これで春の陽気を受信して下さい」って言うから

「逆に私が変な電波飛ばしそうだわw」と言って少々修正。


嬉々としながら「こんな感じになりました♪」と

合わせ鏡で横と後ろを見せられて

『あれぇ?案外ふつーじゃん?』と眺めて居たら

飯田さんは「夜魚さんはどんな髪型にしても似合うけれど

『やりすぎちゃったかな?』って思う時でも馴染んじゃうんですよねぇ」



と言われて



褒められてるんだか実験台にされてるんだか

はたまた飯田さんの創作意欲を掻き立てられるのか

鏡越しに写メを撮る私を見ながら

「後ろは普通に見えるけれど普通じゃないです。」と言っていたけれど

確かに鏡越しに見ていただけじゃフツーに短いだけだったけれど



家に帰って来てよくよく頭を触っていたら

やってくれたよ飯田さん。



左側はフツーに短く刈り込んであるだけなのに

右の耳の後ろ側は思いっ切りバリカン入ってて

両耳の後ろ迄アシンメになってやんの・・。



イメチェンしたでよ 

病院の後

2ヶ月ぶりに髪を切りに行ってきた。

目付きが悪いですがお気になさらず。









ここんとことんがったアタマばっかしてたから

(いつも突飛なアタマをしてるが)

今回は物足りない位にフツーに感じるけど

やっぱり左側は刈り上げなのです。

因みにコレはパーマじゃありませんです。洗えば真っ直ぐ。

で やっぱりボブベースなのです。



飯田さんは店に入って来た私を見て

「大分伸びてふつーにな感じになっちゃいましたね。」と言うから

「伸びても十分ふつーじゃ無いんですけどー 重たくてヘタってきちゃって」

と答えると

「今年も最後だし寒い頭にしましょうか」と言うから

「寒いのに寒いアタマ?!それってまたバリカンって事っ?!」と聞いたら

「これが無きゃ始まらないでしょう」と言って

しょっぱなからバリカン攻撃をくらう。


トップだけはかなーり切ったんだけどあとは重ために残したまんま。

そうでないといつ迄経っても他のバリエーションが出来なくなっちゃうから。



飯田さんは私の後頭部に手術跡があるのも

床擦れで右側にハゲがあるのもわかっているから

何も言わなくてもちゃんとそれをカバーするスタイルにしてくれる。

だけど無難なスタイルには【絶対に】しない。

弄ばれてるとも言えなくは無いがw


もう13年もお世話になってるから

他の美容師さんに髪を弄られるのなんて嫌なの。



飯田さんが大手チェーン店の駆け出しの頃から店長になって独立した今迄

「出来無い事は出来無い」とハッキリ言って来た所も好きだし

いちいち確認しながらモタモタとカットをしない潔さも好き。


本当にカットの上手い人って

シャンプーしてる時にその人の骨格や髪質をある程度把握してるから

そんなに時間がかかることは無いんだよ。



あとは私が入院していた事も知っているからそんな話もさらっと言える。

普段なら癒しになるんだけれど

そんな長年の付き合いの飯田さんでさえ

今日は普通に話をしていても上手く表情が出なかった。


飯田さんは私を見て「大分痩せたんじゃないですか?」と

帰り際に声をかけてきた。

そりゃ私がぱっつんぱっつんに太ってた頃も知ってる人だし。

ダテに付き合い長く無いからね。




帰り際に写メを撮っている自分の後ろ姿を鏡で見たら

重ね着しようものならぱつんぱつんだった16年モノのライダースが

ガバガバになってんだもんよー。






ホントに頭に羽根生えた 

昨日は診察が終わった後に飯田さんとこまで行って来た。


シャンプーが終わった後に奥から

「発注しておいたバリカンの歯が届いたんですよー。」と

バリカンを持って来ておもむろに刈り出した。

「私が一号かいっ!つか、左側伸ばすって言ってたのに刈るんかいっ!」



と騒いでる間にも「ここは要らない髪なんで。」と

後ろはハサミすら使わずバリカン攻撃。

ちょw

どこまで刈り上げてるんスかーぁ。



左側に至っては「なんかインパクトが足りない」と言いながら

結局スッキリサッパリきれ~いに刈りあがる。



以前にも書いたけど

飯田さんはいつだってデザインしながらカットしてる。

そんでもって好き放題出来て

それに負けない逸材が居るもんだから

13年の付き合いで同じ髪型になった事は無い。


でもいつも奇抜な頭ばかりしてた訳じゃなくて

その時々の私のライフスタイルに合わせて普通じゃない事をしてくれる。




今回の仕上がりはまるで鳥の羽根が生えたみたいになって

後ろは超変型ツーブロック。


いや

隠れてないし・・








なんか私のアゴ弛んでる・・



















飯田さんしきりに言っていた。


「写真撮らせて下さいって言われて下さいよー」と。



「よくガン見されたり振り返られる事はあっても、

私が人を寄せ着けないオーラ出してるからナシでしょw」



だけどね


どうやらこのブログの美容師I氏のカテゴリ

見てくれてる人が居るみたいだよと

実際ブログを見た事のない飯田さんに言ったら

なんだか顔が綻んでいた






Dr.MartinとshellysとGeorge Cox 

どれも関係なさそうで関係ある靴のブランドだって知ってた?


昨日髪を切りに行った時、

飯田さんと何を喋り倒していたかというと靴の話。



飯田さんはGeorge Coxのラバーソールが欲しくて

ネットで探して原宿やアメ横まで行ったけど、

『ラバーソールはあっても、最近の若いコは
 George Coxを知らないみたいなんですよ。』

と。

時代なのですかねぇ?

そのソールがマーチンのソールなのにね。


結局、見つけて買う事が出来たそうなんだけど、

『僕、背があるから、履くと190cm超になって
 なんか恐くて知り合いにあげちゃいました。』

って、あげるな!せめて売れ!!



shellysはその昔、マーチンの10ホールかな?を

オリジナルペイントして売っていたお店で、

店舗によって扱っている物が違うのがウリだったんだけど

今はどうなんだろう?



言わずと知れたDr.Martin。

私も何足か所有していたけれど、今手元にあるのは

6,7年位前に買ったレディスの限定モノブーツで、

飯田さんもそのブーツの事はよく覚えていてくれて

「女性モノのブーツとかの方がデザインがいいのいっぱいありますよね」

と言うから

「いやいやいやいや、男モノの靴の方が目を惹かれる」

「私は24cmあるから、無理すればどっちも履けるけどねw」



と、マーチンの親戚(?)談義と、ロンドンにある本店の話で

止まらなくなってしまった訳なのである。





喋り倒してたらこんなんなった(春Ver.ヘア) 

2ヶ月ぶりに飯田さんの所へ髪を切りに行ってきた。

ちょうど今のアバターみたいな頭をしてて、

右側の一番長い所は鎖骨まで伸びてた。


「さすがに2ヶ月も経つとまとまらない」と言っただけで

あとはひたすらしゃべり倒していたら

なんだか地味に思えるぐらいの仕上がりになりますた。

テーマは『地味パンク』www



フォト


右側、ピンボケだけど前下がりのボブ。フツー。




フォト


左側は全部取っちゃって、毛が地味に逆立ってます。

つーか、フケたなぁ(涙)





コレを地味だと感じてしまう私の感覚は

もはや麻痺しているのだろか?www



いやぁ~、でも春だし、軽くなったわ♪



今回どこもバリカンを使わなかったのは

また何か企んでいるかららしい・・





やっぱりI氏の実験台 

ホコリっぽい風が吹きすさぶ中

いつものI氏の元へと髪を切りに行って来た



いつも通りなんもオーダー無しに任せておいたら

今日はなんかあちこちにバリカン入れてて

左サイドは坊主状態

あとは何故そこに?とゆー所にバリカンが入る



鏡越しにI氏を見てたらつい笑ってしまって

「どうしたんですか?」と聞かれて

「だってもの凄く嬉しそうにニコニコしながら刈ってるんだもん」

と更に笑いながら答えると

「ここをこうしたらどうなるのかな?と思って
 って、『人の頭で実験するな』ですよねぇ?」と言うので

「もう慣れたw つか、今更突飛な髪型してないと物足りない」




てな事でこんなんなりまして

超アシンメの前下がりボブですよー


基本的には前回とさほど変わらないんだけど

セットを変えるとあら不思議


フォト


フォト


フォト



後ろはツーブロックで刈り上がってて

なんか首が寂しいから「首にピアスあけようかなぁ」

って言ったら「シャンプーの時恐いからやめて下さい」と止められる



I氏の写真も撮ろうとしたら

「今日はセットしてないし、写真苦手なんでやめて下さいぃ」

と言われて断念



「いつも髪を切って写真を撮ると、mixiにupしてるんですよ」

と言ったら

「お店の写真も撮ってのせて下さいよー 宣伝しといて下さいよー」

とのことなので



フォト



どんっ!



南武線矢川駅からすぐの『sAssy』というお店で

I氏は飯田さんと申します

http://www.sassy2007.com/


某大手チェーン展開しているお店の店長もしていた人で

『出来ないもの・似合わないもの』はハッキリ言います

それがよくて10年以上の付き合いなんだけど

彼の中での私は『ROCK』であらねばならない様でございますw



このお店の客層の中でも

どうやら私は異質な存在の様でございます・・







オマケ・飯田さんが撮った写真↓



フォト



「写真のセンスが無くてHP作る時にも
『まっすぐな写真ばっか撮ってどうするむかっ(怒り)』って言われた」

と申しておりました。





I氏はPunkだぜっ 









いつもなんだか妙ちくりんな頭をしている私。 

それは10年以上お世話になってる美容師I氏の・・お陰? 


個人的にもう髪は染めたくないし真っ黒だから、
ここ数年はショートボブの色んなバリエーションをやって来て、
最近はアシンメボブ+刈り上げ。 
後ろはV型にカットしてあって、こちらも内側は刈り上げ。 



出かける時はブローがめんどくさい事もあって、
生乾きの髪にジェルをもみこんで、左はタイトで右は暴発。 


お店に入ったら、「なんかいい感じじゃないですか」
とI氏に言われ、張り切って手直し開始。 


カットが終わってセットが終わると、
髪が軽くなった分手を入れるとボリュームが出る出る。 


I氏、喜々として髪を盛り、Uピン使って更に爆発爆弾 
すっかりパンキッシュにされた。 



これだからI氏はやめられないw 







あなーきー・いん・ざ・矢川 







今日は矢川まで髪を切りに行った。

10年以上お世話になってる美容師さんも私も
それなりに歳をとったからなのか、
昔ほど過激な事はしなくなったけど、


久々にやられた。


本人曰く『究極のボブ』だそうで。


後ろを目一杯刈り上げて、
ざくざくざくざく切られて、
左側の刈り込みは蜘蛛の巣・・らしい。

左側の写真無いけど・・・w


昔から突飛な髪型になるときは、
多分何も考えずにカットしてる。

今回も後ろを刈り上げた時点で
『ヤバい』と思ったらしい。

それでもまぁ、結果オーライかねー?