金木犀の香り 

私の大好きな金木犀が香ってた


思っていたよりもその時は早く来て

ほんのわずかな時間を過ごすうちに

脚の手術を受ける入院とリハビリを受けて

更生施設へ移る為の迎えの車が来ていた


前日に病棟の皆とお別れ会でもしたんだろう

駐車場迄見送ったのは私一人だけで

ドアが閉まる直前まで声をかけ

ずっとずっと車が見えなくなる迄手を振った


静岡まで行っちゃったけど

大好きな海は近いのかなぁ


一人ポツンと残された駐車場で金木犀の香りに包まれて

来年の金木犀が香る迄にはまた逢う事が出来るのかなぁと

しばらく車が見えなくなった方向を眺めていたら

急に寂しくなって

いつもアルコール病棟の皆が居る喫煙所へ走っていた



関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog.fc2.com/tb.php/1140-54e01f50