夜魚増殖 

今、認知行動療法という物を始めていて、自分の抱えたトラウマを客観視しようとすると、頭の中で『私』が『私』を肯定していたり、まるで自分が自分じゃ無い様に感じたり。

以前から離人感て物はあったんだけど、最近精神的にも肉体的にも疲れがピークに来てたらしく、長い長い夢の中で自分の半生を観て居たら夢の中の自分が過呼吸発作を起こす。本体の自分も息苦しくて堪らなくて起きてるのか夢なのかしばらくパニック状態になって、気付いたら本体の自分も発作を起こしていてびっくり。

最近ちょっと外野が騒がしかったから、考えたく無くても寝るとそのまんま現実の続きのような夢ばかり見るからちっとも寝た気なんてしないし、自分が『何処』に居るのかもわからなくなる。

大した量じゃ無いけれど、お酒に逃げ道を求めて居たのも拍車をかけて居たのかもしれ無い。

もう、そんな状態から逃げたくて逃げたくてどうしようもなくなっていたら『離人症』の症状だと主治医に言われた。

心身共に疲れている時に出やすい症状らしい。
主治医は多量服薬や自傷の心配をしていたけれど、前の主治医と絶対にしないと約束していたし、その時はただ発作を起こした事や夢と現実の区別が全くつかない事の方が苦痛だったから、「ストレスを溜め無い様にゆっくり休む事」と、言われただけで終わってしまう。


『離人感』なら以前にも頻繁にあったけれど、もうその頃の頭の中で『私が私と会話してる感覚』とは違うもので、タイミング悪く外野が騒々しくなったり、色々と問題も発生してしまったものだから、いっぺんに処理なんてしきれなくて日に日に追い詰められて行ってしまったあげく『自分が自分じゃ無い』どころか、もう頭の中に何人自分がいるのか?自分が誰なのか?それすらわからなくなってしまって泣きながらパニックを起こし、もう気が狂うほどのたうち回って

『ODかリスカでもするか?』

『それとも救急車呼ぶべきなのか?』

『誰でもいいから助けて。』

しばらくそんな状態が続いて、気付くと寝落ちしていた。

でも全くお酒が抜けた状態でも頭の中が煩わしい事には変わり無い。

先週の水曜日につゆくさ医院の先生にも話したけれど『お酒はパニックを呼ぶ=離人症発生し易い。飲酒する事で気が乱れる。呑まなくなれば次の日からすぐに体調に変化は現れる。』と言われ、金曜日の精神科で主治医にきちんと飲酒の事も話した上で状態が酷くなっている事を言うと『飲酒は神経を弱らせるもの。だから余計に離人症の症状が出やすくなる。でも飲酒が止まったのなら良かった。もう飲まないでね?』と言って、エビリファイを処方しようとしてきたから、以前セロクエルで二日間全く動けなくなる程の副作用が出たと言って断り、診察終了。


前回入院して先週の診察が退院して丸三ヶ月だって、外来の看護師さんに言われた。


けど、なんか入院してた頃より今の方が正直しんどいというか、この頭の中に増殖していく夜魚を何とかしてくれ無いと、ホントに『ばぁ~んっ!』ってバクハツでもしそうな感じです。


・・て、書いてる自分も何だかよくわから無いでおります。悪しからず。


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog.fc2.com/tb.php/1527-8b178ffb